スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタルお絵描き掲示板 利用の矛盾

同人サイトをやっていて知らない人は居ないだろう、お絵描き掲示板。
日記として、気軽なペイントツールとして大人気ですね。

無料のレンタルCGIは検索除けをしていません。その同じ事がレンタル絵板にも言えます。
Oebitに至ってはRSSまで配信しちゃってます。
RSSとは…うーん、なんと言うか、更新情報を効率良くアピール・収集する為の技術で、RSSリーダーと言うもので読む事ができます。RSSリーダーにはPCにインストールして使うソフト形式のものから、オンラインでチェックするサーバー型のものがあります)

同人サイトが検索除けしなきゃいけないのは「一般の人が見たらどうしよう」「著作権違反だから~」なのですよね?
絵板が検索にヒットしちゃったら、サイトのトップページが検索されたどころの騒ぎじゃない!
まさにバッチリ、イラストを大手検索経由で見られてしまう可能性があります。キャラやジャンル名ならまだしも、思いがけないキーワードでヒットする可能性も!

いくらサイト本体を懸命にに検索除けしてもこれじゃあ意味がありません。
アクセス解析を見て「Yahooにヒットした!」などと大騒ぎする前に、うっかりレンタル絵板でモエモエしていないか自分を見直す必要があります。と言うか、ぶっちゃけ、絶対検索されたくないの!って人は、ロボット対策した上で自分で設置しないと…。
もちろん、レンタル絵板で「検索にヒットしちゃったどうしよう!」なんて愚痴を言うのは矛盾した話です。

私自身は、レンタル元から版権お絵描き板を運営していたりするんだから、やたらと神経質になる必要性は感じません(これらのサービスが無くなってしまったら寂しいし)。
ただ、ブログほど上位にヒットしないとはいえ、検索されると言う自覚を持って利用する必要があると思うのですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。