スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索除けは必要?

同人サイトに検索除けが必要かどうかについての感想です。
結論を言うなら、それも好きにすれば良いと思っています。

私個人としては、キャラ名やジャンル名で検索して、一番上に二次創作の小説なんかが出て来ては、同好の者として居心地が悪い…です。
まして、それが年齢制限のあるような内容で、検索に拾われている事にも無自覚なら、気をつけた方が良いのに、と思います。
なので、検索除け…と言うか検索結果をコントロールする方法を知っている事に賛成です。
自分のサイトも検索除けてるしね。

しかし一方、最近の「検索除けは二次創作サイトのマナー!常識!」と声高に押しつけてくる風潮は好きになれません。
そりゃあ「マナー」と主張する人のジャンルは厳しいのかもしれないし、検索除けしているサイトばかりのジャンルなら、自分が安全で安心かも知れません。
でも、それは「このジャンルは」「自分の思い描く二次創作サイトは」の話であって「二次創作サイト全体」の話とイコールでは無いと思うのです(そう思ってる二次創作者が多いとしても)。
自分の書いているものが何か自覚して、色々考えた結果、やっぱり検索除けしない人も居るのですから、一辺倒に「検索除け=マナー」と言って広めるのは、乱暴すぎると言うのが正直な感想です。
何より息苦しい。

私なら、そうだなあ場合によって「検索除けの方法くらい知っておいて損は無いよ」と勧めてみるくらいするかも知れない。くらい。実際こんなブログやってるしね。

あと、えーと、ごめん。
よほど厳しいジャンルで無い限り、検索除けを勧める理由に「著作権違反」「公式に見つかったら大変!」と言うものを使うのも好きになれません。
本気で公式に見つかりたくなかったら、そもそもジャンルサーチに登録しないし(と言うかジャンルサーチの存在こそ迷惑になるし)同ジャンルサイトからのリンクこそタブーになる筈です。
「公式に見つかったら大変」は検索除けの大義名分として説得力があるけれど、どうしても二次創作サイトの現状と矛盾を感じます。
何より、この理由を安易に使うと、妙な恐怖感が伝言ゲーム的に大げさに伝わる気もするしね。

私が検索除けする理由は「公式の商売の邪魔にならないように、遠慮しておこう」くらいかなあ。あと「関係無い人が来たら、なんか恥ずかしいや」とかね。
チキンで我が儘なだけです。

結局、検索除けは「同好の者には見てもらいたいけれど、趣味の合わない人には来て欲しくない」と言うような、サイト管理者の我が儘を叶える、テクニックの1つ。
それを勉強し駆使して、自分の望む姿のサイトを実現させる。
それだけの話だと思っています。



ちなみに、お前はどの程度の検索除け?と言われると、私の個人サイトはバリバリに除けていますが、わざとジャンル名やサイト名で検索にかかる同人サーチへ、登録しています。同人サイトだと分かる貼り方がされているなら、リンク元の検索除けなんてまったく気にしません。
そうなると当然、ロボットはしょっちゅう来ますが.htaccess等でお帰り願ってます。悪意有る貼り方をされたら…まあ、リンク元を制限するかな。

一番最初の入り口がGoogle等であっても、訪問者が同人サイトであると分かるクッションがあれば、私のサイトに来ても問題ないと思うからです。
当然、公式関係者が探せば簡単に見つけられるでしょう。それは肝に銘じています。なので、絶対に原作の悪口を書かない、が自分なりのルールです。
二次創作が著作権的にグレーな事は自覚して、えーと、何というか…。
「同人者の落とす利益 > 二次創作による不利益」のバランスを願いつつ、原作に感謝して、せいぜい良いカモでありたいのです。

もし、この考えを読んで「自分はちょっと違うなあ」と思った人は、どうなら理想で、それを実現するには、どうしたら良いのか想像してみて下さい。
理想は人それぞれ。ジャンルの雰囲気により妥協したりするかも。
何であれ、検索除けを含む好きなテクニックを使って頑張って下さい。

私が「オンラインブックマーク禁止」を掲げながら検索除けしないサイトを腹立たしく思うのは、検索されたく無いと騒ぎながら、自分で何も勉強せず、原因を人のせいにしている様子があまりに情けないからです。
何よりもまず勉強じゃないですか。
そして、人の話を鵜呑みにせず、自分でちゃんと考えましょうよ。
きちんと自分で考えた上での結果なら、人に文句を言われても、きちんと反論できるしね。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。